これ、作っちゃおう! アプフェルシュトゥルーデル オーストリアで食べた味を再現 ウィーンのアップルパイ

今日の「これ、作っちゃおう!」はアプフェルシュトゥルーデルです!

切り口がガタガタで、ごめんなさい(ーー;)

ウィーン風のアップルパイです。東欧系では普通なのかな?

これを最初に食べたときは、普通のパイの方が好きかもなー、と思っていましたが、もう今ではこれ一筋。

なんたってアプフェルシュトゥルーデルは、食べ飽きない。

オーストリアでは普通に食べられていますが、日本でこれ食べられるところは超限られています。

それなら、作っちゃおう! というわけで頑張ってレシピを探しました。

例によって、何かを見てメモしたものですが、原典が何だったか忘れました。

「それ私のレシピよ!」とおっしゃる方、ぜひご連絡ください、リンク貼ります。

アプフェルシュトゥルーデルのレシピ

【材料】

★生地 40×60センチくらい

薄力粉 50g

強力粉 50g

塩 少々

油 10g

水 60g

★中身

リンゴ 2個(紅玉のように小さいものは4つくらいでもいいかも)

パン粉 50g

バター 25g

砂糖 75g

レモン皮 少々

シナモン、レーズン適量

★塗りバター 100g

今回は紅玉を使いました。普通のリンゴくらい大きいです

【作り方】

①生地を作ります。材料を混ぜて、滑らかになるまでこねます。

②1時間くらい休ませます。

ラップで包むか、サラダ油を塗って乾燥を防ぎます

③その間に中身を作ります。

パン粉の色が変わるまでバターでいためます。

 

あまった食パンをカッター(フードプロセッサー)でパン粉にしました

④リンゴをいちょう切りにし、砂糖とシナモン、レーズン、レモン皮を混ぜます。

シナモンは多めがいいです。レーズンは水かブランデーで戻してから使います

⑤休ませた生地をのばします。薄く、薄くのばします。目指すは40×60センチ。生地の下に置いた新聞が読めるくらいの薄さです。頑張って。

透けていますね

でも、まだまだ厚いです。もっと伸ばしますが、ここで果てたのでとりあえず先へ(^^;)

⑥溶かしたバターをむこう1/3を残して塗り、まずパン粉を敷きます。

⑦次にリンゴを載せて、両端を内側に折ってリンゴがはみ出さないようにしてから、巻きずしのように巻いていきます。

キャンバス地の上で作業すると巻くのに便利です(高いから買えない・・・(´;ω;`)ウゥゥ)。

わが家ではオーブンシートをしいて、巻きすがわりにしています。

もしも生地が破れたら、指でぎゅっと穴をふさげば大丈夫♪

⑧継ぎ目を下にして、天板に馬蹄型にのせ、残りのバターをべたべたに塗ります。

⑨200℃のオーブンで約30分焼いて、できあがり。冷めたら粉砂糖をふると完璧♪

あんなに塗ったバターはどこへ!というくらいにカリカリになってます

食べるときは切り分けます、もちろん(^^;)

アイスとかカスタードソースをかけて食べるのが通常ですが、粉砂糖だけでも充分おいしいです。

【注意】

シナモンは、これじゃ入れすぎだよ、というくらいがヨーロッパの香りがします(笑)

リンゴは紅玉でぜひ作ってください! 酸味が多いリンゴがオススメです。

スーパーで売っている紅玉は小さいので、2つじゃ足りません。サンフジの大きさで2つが目安。

紅玉が出る秋に作るお菓子です。

秋は毎週、作っている気がしますーーぜひ温めて食べてみてくださいねー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする