これ、作っちゃおう! シメサバ お酒がグイグイすすむ(^^) 新鮮な魚が手に入ったら、ひと手間かけてみよう

今日の「これ、作っちゃおう!」はシメサバです!

当然のように日本酒が・・・(;^_^A

シメサバ大好きです!

別にサバじゃなくても、サンマでもイワシでもいいのですが、酢漬けは最高ですね、酒のお共に(笑)

特に炙りシメサバは美味しいです。

今回は普通のシメサバを作ります。

なぜかというと、晩酌の肴が欲しいから(^^;)

さあ、いきますよ、Here we go!

シメサバのレシピ

【材料】

サバ

【作り方】

①サバをさばきます(笑)

私は自己流です。

頭を落として、腹を開いて内臓を取り除き、水でよーく洗って3枚におろします。

おろし方はググってください。

②本当はもう塩をまぶしてしまうのですが、なぜか順番を間違えて骨をとってしまいました。

骨をとらないと、刺身状のものは食べるときに刺さりますので、あと仕上がりもきれいなので、骨は丁寧に取り除きます。

おろし方が汚いーーすみません、包丁といでおきます(ーー;)

③塩を全体にまぶし、一晩、冷蔵庫へ。

④本当は水が出ているはずで、その水で塩を洗うのですが、なぜか今日は水が出ていない・・・というわけで、水道水で軽く塩を流します。

⑤酢をひたひたに注ぎ、1時間くらい冷蔵庫へ。

純米酢を使いました。米酢でもなんでもお好きなもので、どうぞ

⑥こうやって白くなっていればできあがり! 上下をひっくり返してもよし。

⑦本当はここで骨をとります。あと、皮をはぎます。頭からしっぽへ向かって、手でするりんと。

⑧切り分けて、食べます!!

【注意】

サバは、身がピカピカで目がキラキラしているのを使いましょう。

目が濁っているのは基本的に使いません。

「刺身用」として売っているものでも、おめめに注意。選べる状態で売っていたら、身を傷つけないように生きのいいのを探しましょう。

アニサキスの食中毒が問題になっています。内臓をきれいに除去して洗ったつもりでも、残っている可能性がありますねー。お気をつけて。作ったら、いったん冷凍すると良いです。

今回は純米酢で作りました。長くつけると酸っぱくなります。

新鮮な魚が手に入って、おろすことができれば、なんと簡単にできてしまう!

シメサバは買うと1枚300円くらい?

飲み屋だと高いですよね。300円あれば2枚できてしまうので、なんとお安いこと!

こうして節約の日々は続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする