スマホでお絵かき アイビスペイントで描いてみた

すでにお気づきかと思いますが、この日記にはイラストが入っています。

その他の記事にもさりげなく入っています。

それは初めて知った!ーーという方は、ぜひ他の記事も見てください♪♪(と、さりげなく宣伝)

なぜイラストを載せるようになったかというと、画像の加工が苦手だから(^^;)

加工といったって、エフェクトつけたりキラキラつけたりくらいでしょうか。それってプリクラで慣れている人にはお手のものでしょ? でも、実は過去に3回しかプリクラ撮ったことないんです・・・しかも加工するのは若者の役目。

それから、スマホで写真を撮るのが普通になった今、効果的に加工するのが主流じゃないですか。良く分からないので、撮ったままを見せるとムスメによく怒られます。写真が暗い、って(^^;)

これが元画像。悪くないと思うのだけど・・・

ちょっと効果を入れただけ。これくらい朝飯前にやってのけるのが、今の人たち。。。アラフィフには難しい( ノД`)シクシク…

そんなわけで画像加工に苦手意識を持っているので、記事に合う画像を探したり加工するくらいなら、自分で描いたほうが早い、と思ったのが、デジ絵を描くきっかけでした。

デジ絵というのは、デジタルのイラストのこと。

私の時代は、イラストは紙にペンで描くものでした。子供たちが小さいときは、よくチラシの裏にアン〇ンマ〇とかドラ〇もんとか描きました~。ヘタだけど。

描いたものをスキャナで取り込んで画像データにしてーーというのを若い子たちは普通に平気でやってのけますが、アラフィフにはハードル高すぎ~(^^;;;)

現在はコンピュータが身近になって、誰でも簡単にデジタルイラストが描けるようになりました。ちょっと前まではイラストソフトをパッケージで買ったり、お絵かき用のタブレットにデジタルペンで描くとか、ある程度のお金も必要でした。

タブレットとペン。かなり古い型だけど、まだ現役

Wacom Intuos Medium ワイヤレス ブラック (CTL-6100WL/K0) ワコム ペンタブレット 送料無料

価格:17,064円
(2019/1/7 21:05時点)

今はこういうカッコイイのが主流

でも、でも、何と!

いまやスマホで、自分の指で、イラストが描けてしまうんですよ!!!!

そのための無料のアプリケーションがいくつか流通していて。

今パソコンで利用しているのはオタッキーなムスメが勧めてくれたアプリケーションですが、スマホ(iphone)では「アイビスペイントx」を使い始めました。

※アイビスペイントは有料、アイビスペイントxは広告が表示されるが無料

アイビスペイントはこちら

アイビスペイントの特徴は、やろうと思ったらプロ並みの絵が描けるってこと。

あと、指でも描ける。パソコンだとマウスで描くか、タブレットで描くかなのに、スマホの画面に指を直接なぞらせて、描ける。

こりゃ、すごいわ。

自分の指だと太くて、画面に描かれた線が見えないので、百均でペンを買ってきました。

スルスルよく描けるのだけど、スマホとペンの精度が、私の動きについていけないみたいで、やっぱりペンで紙に描くのとは勝手が違います。

もっと良いものもあるので、参考まで

ワコム Bamboo Tip CS710B [スタイラスペン]

価格:5,734円
(2019/1/7 21:07時点)

それにiphoneのSE(!)だと画面が小さすぎ(^^;)

こういう画面。よく見えないんだけど?(^^;)

まあワンポイントのイラストを描くにはまったく問題なし。操作方法さえ覚えてしまえば手軽でいいかも。

描いた絵は、とりあえず自分の「ギャラリー」に全部入りますが、データはどこに保存されているんだろう・・・レイヤーが増えるとデータ量も増えるので(このあたりの解説はまた今度)、私の小さなスマホで対応できなくなったら困るし。

どなたか、知っている人、教えてくださいーーあ、自分で調べろ、って?(^^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする